Tokyo Great Santa Run 2020クラウドファウンディング
開始のお知らせ

新型コロナウィルスの流行を鑑み、今年の「Tokyo Great Santa Run 2020」ランイベントはやむを得ず中止の決断に至りました。

今年は新型コロナウイルスの影響で保護者の方の面会制限、プレイルームでお友だちと遊ぶことの禁止、部屋から出ることが許されない等、さまざまな制限がある中で子どもたちは病気と闘っています。そんな子どもたちに今年もクリスマスのワクワクをシェアしたいとの想いから、今年もクリスマスプレゼントを届ける事は継続させていただきます。

今年も私たちと一緒にサンタさんになりませんか?
皆様の温かいお気持ちをお待ちしております!

東京グレートサンタランでのクラウドファンディングは、目標としていた50万円に当到達しました!
これまで支援してくださった方に心からの感謝を申し上げます。
これからクリスマスにかけ、皆様からの支援金をプレゼントに充てて、病院の子どもたちに届けて参ります。

良い報告をご期待ください。

Tokyo Great Santa Run2020
学生子ども会議 一同
お客様の肖像権に関する注意事項

イベントの模様は公式記録として撮影させていただいております。

撮影した写真、映像は、東京グレートサンタランの広報用素材として活用させていただく可能性がございますので、予めご了承ください。

その他、各種取材媒体が写真及び動画を撮影し、取材媒体による掲載・報道がある可能性がございますので、予めご了承ください。

アンバサダーの皆さんから
メッセージ

2008年から始まった東京グレートサンタラン、
これまで多くの方々の協力でたくさんの子ども達に笑顔を届ける事が出来ました。
TGSRアンバサダーの皆さんから感謝とその想いが詰まったメッセージが届きました。

大黒摩季さん

土屋アンナさん

BREAK THROUGH のみなさん

マーク・パンサーさん

Theme
テーマ

Share Our X’mas
~みんなが本物のサンタになれる日~
サンタクロースの衣装を着て、楽しく走って、 日本にいる病気と闘う子どもたち&海外の貧困の中にいる子どもたち を応援するチャリティーイベント!
イギリスを始め、世界各国で実施されている冬の風物詩であるチャリティーイベント「サンタラン」。日本では 2009 年に 大阪でスタートし、そして昨年 12 月、東京・明治神宮外苑に初上陸。約 2,500 名が参加して好評を博した「東京グレー トサンタラン」がこのたび、規模を拡大して駒沢オリンピック公園で第 2 回目を開催する運びとなりました。
個性豊かなサンタクロース姿でラン&ウォーキングを楽しみながら支援の輪を広げよう
2019年度は「ラン&ファンウォーク」をテーマに、サンタクロースの衣装に身を包んだ参加者が楽しみながら散策できるよう、ランニング(約4.3km)とウォーキング(約2km)の2コースをご用意。ベビーカーや愛犬を連れての参加も可能です。また、昨年同様、「子どもが子どもに寄り添う夢のチャリティー」をコンセプトに、順天堂大学医学部生をリーダーとした約50名の中高大学生たちがイベントの企画運営を行い、参加費の一部を活用して国内外の子どもたちの医療支援を行います。ラン&ファンウォーク後のアフターパーティー(ステージパフォーマンス、ブースイベント、フードコーナー等)にもぜひご期待ください。なお、各界から趣旨にご賛同いただけるアンバサダーを募り、本イベントを盛り上げていただく予定です。
国内で病気と闘う子どもたちにクリスマスプレゼントを届けたい!
海外で貧困が原因で満足に医療を受けることができない子どもたちを応援したい!
そんな子どもたちの想いから企画が始まった「東京グレートサンタラン」。初年度のチャリティーとして、国内では慶応義塾病院・小児科など5病院に入院されている約1,000名のお子さまとプレゼントを通じた交流を図り、海外ではケニアの子どもたちにメッセージ付きの絆創膏を届け、マサイ族に向けた医療支援の準備を行いました。今年は規模を拡大し、5,000人のサンタクロースを募ることで、更なる支援の輪を広げてまいります。
国内、国外の子どもを応援する活動
病気と闘う子どもたちにクリスマスプレゼントをお届け
年に一度のクリスマス。その一日は世界中の子どもたちが心を踊らせる特別な一日です。ところがその楽しいはずのクリスマスを、自宅でご家族と過ごせない子どもたちがたくさんいます。
様々な理由でクリスマスを病院で過ごす子どもたちへ「楽しい日を一緒に過ごしたい!プレゼントを届けたい!」という想いを持った子どもたちが、病院へ直接プレゼントを届けにいきます。
貧困によって医療を受けられない子どもたちを支援
東京グレートサンタラン2020 へのご寄付の一部は、NPO法人 フリー・ザ・チルドレン を通じてケニアの先住民族の貧困家庭の子どもへの医療支援費と、フィリピンの虐待を受けた子どもへの自立支援活動費に使用させていただきます。

1)ケニア 先住民族の村での医療支援
2018年からTGSRの収益を通じて、2年連続で、支援事業に取り組むことができています。ケニアの貧困農村地域に暮らす、先住民族(マサイ民族や、キクユ民族など)の人々を対象にした、医療支援を行うための「BARAKA(バラカ)病院」資金に使用させていただきます。

2)フィリピンの性産業や虐待の現場から救出された少女への医療及び教育支援
事業(治療やセラピー、健康診断などのほか、教育の提供など)に使用をさせていただきます。
イベントに関する質問や寄付についてはこちら
お問い合わせフォーム